BLOGブログ

SONG RICHE

良い姿勢と顔のリフトアップの関係性④ -こんな方は要注意-

SONG RICHE 齋藤です。

今年もあっという間に残り半月となりましたね。

私はここにきて、まだ達成できていない目標がありヘコんでいます。。。

皆さんは2019年に立てた目標などは達成できましたか?

 

さて、良い姿勢と顔のリフトアップもpart④となりました。

 

今回のテーマは 顔のたるみ度チェック です

前回にお話した通り、顔のたるみやシワは肌の老化だけの問題ではないのです。

日頃の生活習慣や癖も大きな要因になっています。

そこで、「最近なんだか顔に張りがなくなってきたな」とか

「むくみやすくなった」とか「気づかないうちにシワが増えてきた」

など、お顔で気になる部分が出てきた方は、以下に理学療法士の竹井仁先生が考案したチェック項目を載せていますので、確認してみてください。

 

【 姿勢 】

□ 猫背で顎が前に出てきている

□ 座っている時に骨盤が後ろに傾く

□ PCや携帯を見るとき前かがみになる

□ 最近バストが下がってきた

□ 無意識に口が半開きになってしまう

【 クセ 】

□ 頬杖をつく

□ 歯ぎしりをする

□ 眉間にシワを寄せてしまう

□ 眉を持ち上げる

□ 食べるときに片側だけで噛んでしまう

【 生活 】

□ 運動しない

□ デスクワークの仕事が多い

□ 肩や首がこっている

□ 人と会話をする機械が少ない

□ 大口を開けて笑うことが少ない

□ 硬い物はあまり食べない

□ 就寝時間が夜中

□ 入浴よりもシャワーが多い

□ ストレスが多い

【 目もと 】

□ 目尻が昔よりも下がっている

□ 目尻のまわりにシワがある

□ 目を大きく開くと、額にシワができる

□ まぶたが下垂して、目が小さく見える

□ ゴルゴ線がある

【 口元 】

□ 頬の出っ張り部分が、頬骨と下顎を結ぶ線の真ん中よりも下にある

□ 唇の口角が下がっている

□ 笑った時に口角が上がりにくい

□ ほうれい線がある

□ マリオネット線がある

【 あご周り 】

□ 真横から見ると、頭が体の前に出ていて、あごも前にある

□ あごのラインの輪郭が丸くてぼんやりする

□ あごを引くと二重あごになる

□ 首のシワが目立つ

□ 頷くとあごが喉元に行かず、胸の方に近づく

 

以上です。

「姿勢」「クセ」で2つ以上、「日常生活」で4つ以上該当する方、

「目もと」「口もと」「あごまわり」で各2つ以上該当する方は

たるみの危険信号です。

やはり、普段の生活や姿勢、クセから顔の表情、肌の状態、たるみに影響してくることは多いですね。

たるみの危険信号に該当してしまった方は、落ち込まずに普段の生活やクセから見直していきましょう!

もちろん予防策や改善策もありますので!

個人でできる対策は、またブログでアップしていきたいと思います。

気になる方は質問も受け付けていますので、お気軽にお電話やメールsongriche@gmail.comまでお問い合わせください。

12月のキャンペーンもまだまだ予約可能ですので、お問い合わせお待ちしております。

Page Top