BLOGブログ

FASTING

体内をクレンズする細胞リセットダイエット

「ファスティング」とは?

疲れた消化器官を休ませ、体の中をクレンズ

ファスティングとは英語で断食のことをいいます。つまりファスティングは体の中を大掃除(クレンズ)することです。

現代人は、食事などから摂り入れた食品添加物、残留農薬などの有害物質、また高タンパク・高脂肪食品の食べ過ぎなどにより、消化器官は疲れきっており、悲鳴をあげているというのが実状です。

古来、断食は宗教的な儀式や精神的修行の一形式として行われてきました。それが近年、病気の治療や健康促進として、欧米でも脚光を浴び、科学的な研究も盛んに行われるようになりました。

 

ファスティング」の真の目的とは

「ファスティング」とは、単に食事を摂らないことで摂取カロリーを抑え、痩せるだけを目的としたものではありません。一定期間固形物を摂取しないことで、このような疲れた消化器官を休ませ、腸内環境を整え、アミラーゼやリパーゼなどの消化吸収するための酵素(消化酵素)を温存させ、これにより停滞していた代謝酵素(細胞分裂や解毒などの生命活動をコントロールする酵素)を一気に活性化させ、毒素の排泄力を高め、汚れた細胞をリセットする、注目の美容・健康メソッドです。今話題のファスティングは、主に野菜や野草のエキスを糖質による発行抽出で完成させた植物飲料を用いながら行うもので、完全な絶食ではありません。必要最低限のカロリーやミネラル・ビタミンを補給できるため、無理がなく行うことができることが特徴です。

ファスティングを行うことで、代謝行為の要素「入れ替え、再生、解毒、排泄」のすべてがスムーズになり、体内機能が活性化されると考えられています。

 

Page Top